2016年9月4日日曜日

空椅子に向かって、幼い自分に会いに行く

 
通常のセッションでは認知行動療法を用いて、カウンセリングを行うことが多いけど、、
クライエントさんの状態によっては、『空椅子の技法』という心理療法を使うことが、
時々ある。
 
『空椅子の技法』とは、
自分がまだ未完のまま整理できていない感情や、
子どもの頃のモヤモヤした思いや寂しさ、
言いたいことを言えずにきてしまった相手、
自分の中の対立する考え、体の痛みなどを、
目の前の空の椅子に座らせて話かけることで、
思い切り感情を表に出したり、相対する気持ちや考えを比べたりする技法である。
 
その結果、何かに気づくことも多いのだが・・・。
 
ここのところ、幼少期の自分に会いに行くために『空椅子の技法』を使うことが多く、
どのクライエントさんも上手に時空を遡り、
小さい頃の自分に会うことができている。
 
初めて『空椅子の技法』のことを説明すると、
誰しも懐疑的な表情を浮かべ、
「そんな恥ずかしいことできるかしら」
「人前で泣いたり、いない人に向かって話したり、大丈夫かしら」
みたいな心配を口にする。
 
「駄目なら駄目で気にしないで」と言って、試しにやってみることにすると・・・。
 
意外や、上手に幼い頃に遡ることが出来、
まずは涙が溢れてくる。
 
言葉が上手にでてくる必要なんてない。
演じているような気分がしてしまっては、本当の自分じゃない。
 
その押しとどめようもない涙を流すことこそが大切なのだ。
 
いろいろ我慢するのは体に毒よ。
 
溜めて溜めてストレスでがんじがらめになってしまわないよう、
カウンセリングには『空椅子の技法』なんていう方法もあるのだと、
どこか心の端に留めておいていただけると嬉しいです。

2016年8月22日月曜日

空椅子に座るふたりの少女

 
心理療法のひとつで「空椅子の技法」という技法がある。
 
実際には目の前にいない人、亡くなってしまっている人、
幼い頃の自分、
自分の体の痛み、自分の中で対峙する考えなどを、
空の椅子に座らせ、話すというものだ。
 
本人は目の前にはいないので、そんなことできるのと思われがちだが、
気持ちを集中して、空の椅子と対峙してみると、
不思議とそこに会いたい人が立ち現れる。
 
現れてこないときはその会話はまるで演劇部の練習のように
空々しいものになってしまうが、
うまくスッと意識が溶け込むと、目の前にその人が見えたり感じられたりする。
 
そして、決して言えなかったことを伝えてみたり、
相手の本音を聞いたりすることで、
未完了のものを完結させ、受け入れることが出来るようになる。
 
私の立場はファシリテーターなので、
どんな展開になるのか期待したり、想像したりして臨むことは許されず、
クライエントさんが本当に会いたい人に会えるよう、
ナビゲートするだけだ。
 
そこで、うまく会えていても会えていなくても、無理強いしてはならないので、
自然に会えることを待つ。
 
今日もそうしたクライエントさんが小さな時の自分に会いに行った。
 
するとおもしろいことに同時に4歳と小学校2年生ぐらいのふたりの自分が現れた。
 
一度にふたり、
つまり、過去の自分が、時期の違う形で同時にそこにいるのだ。
 
どちらからでもいいから、大人の自分が話しかけるよう促してみた。
すると話しかけられた小さい方の女の子の気持ちが伝わってきたのか、
みるみる涙が溢れた。
 
幼い頃、ずっと同じ恐怖と悲しみを抱いて暮らしていたせいか、
まるで姉が妹をかばうように、
言葉でうまく説明できない幼子のためにお姉ちゃんが側にいるようだった。
 
空椅子の技法を用いる時には
うまくいったとか、今日は駄目だったとか、思わないようにしているのだが、
今日のケースはこのセッションの不思議を垣間見た思いがした。
 
あえて、理由付けしたり、解釈を加えたりせず、
時折、空の椅子に誰かを座らせて、話してみる。
 
思わぬ言葉が自分の口から飛び出して、
ビックリしたり、何かに気づいたり・・・。
 
そんな「Little SATORI」を空椅子の技法は目指している。
 


2016年7月11日月曜日

『家系図カッター』 著者の心の闇

 
私が好きなテレビ番組のひとつが、土曜の夜10時からEテレでやっている
「スイッチインタビュー」である。

一昨日のゲストは歌手の平井堅と、アートディレクターの増田セバスチャンだった。

増田セバスチャンに関してはよく知らなかったが、
きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクションをした人と聞いて
「そうか」とただちに理解した。

世界に『KAWAII』を発信した、産みの親だ。

原宿に『6%DOKIDOKI』というショップを開いて、
ある種の若い女の子達に圧倒的な支持を得ている人だということも知った。

そのいかにもアートディレクターといった風貌の45歳の男性の生い立ちや
成功までの道筋を事細かに記した自叙伝ともいうべき本が
「家系図カッター」である。

その中で、氏は「自分は生涯、決して子孫を残すつもりはない。
自分を産んだ親のことや家庭環境を考えたら、
その血筋を残すことがあってはならないと考えている」と断じている。


あの華やかで可愛い世界の作り手の向こう側に何があったのか。
凄く興味を引かれ、
私は昨日、テレビで紹介された「家系図カッター」を買いに書店に走った。
そして、一気に最後まで読んだ。

自身も分かっているようだが、彼はアダルトチルドレンである。

ネグレクト(育児放棄)に近い料理を全くしない母親。
秘密裏に離婚届を勝手に出し、できちゃった婚で中国人女性と家をでた父親。
リストカットや服毒自殺未遂をくりかえす妹。

そんな家庭環境の中で、心に傷を負った少年は自分の居場所を求めてさまよう。

リアルに吐かれたその内容が、
原宿のお店やきゃりーぱみゅぱみゅの世界観と離れていればいるほど、
切なく何かを訴えかけてくる。


私の元には「なぜか先のことを考えると心配で心配で・・・。
考えただけでトラウマがよみがえって、声が震えて話せない自分がいる」などと
訴えてくる人がいる。

母親との諍いが絶えず、
何をやっても何を言っても、なぜか悪い結果を招いてしまうという人も。

現実には自分の家族や友達とはうまくやっているのに、
ひょんなことから、幼い時の自分がよみがえるのか。

自分の幼い娘にも
母親から受けたと同じことをしてしまうかもしれない恐怖があるという。

何かをしようとしたときに決まって思い出す母親からの叱責。
見下した視線。

幼い時におびえた感情が堰を切ったように溢れて、涙になってこぼれ落ちる。

様々な様子を見せる彼女達は、皆、心に空虚な穴を抱えている。

増田セバスチャンの場合はその事実を全部、本という形に吐露することで、
クリエイター生活15年の時に、一度、区切りをつけたかったという。

現在は20周年を迎え、ますますメジャーになり、
世界を舞台に自身の世界を発信できるようになり、認められている。

同じような家庭に育った女の子達が、なぜか自分の周りには集まってきてしまうと
氏は本の中で嘆いているのだが、
それはある意味当然のことで、
鋭い嗅覚で彼女達は理解者を探し、癒しを求めている。

どこかで自分と向き合い、
得られなかったものを嘆き、
そんな幼い自分を抱きしめる。

そうした場所を上手に見つけて、自分を解放してあげることが必要なのだ。

空椅子の技法などのカウンセリングにも
そうした効果が認められています。
よかったら、一度、相談にいらしてください。

2016年6月22日水曜日

夫婦の本音とウソ

当カウンセリングルームは女性限定と謳っているので、
基本、男性が見えることはないのだが、
こと夫婦関係の問題で悩んでいる方は別だ。
 
夫婦でいくら話し合っても埒があかないとか、
どんどん迷宮に迷い込んでしまってどうしていいか分からない時など、
思いあまって第三者の意見を聴きたくなるのか、
カウンセラーにアドバイスを求めているのか、
おふたりでいらっしゃることがたまにある。
 
とはいえ、カウンセラーという他人のいる前で、
いきなり、つかみ合いのケンカになったり、
お互いののしりあったりすることにはならない。
 
まずは本音で話すと言うより、相手の心理を考えたり、対面を繕って、
事実だけを話そうとなさる。
 
大きなトラブルがあったケースの場合は、
そのトラブルの経緯は伺うことが出来るのだが、
肝心のそれぞれの心理、しかも本当のところは、
おふたりが一緒のセッションではなかなかでてこないことがほとんどだ。
 
そこで、おひとりずつのセッションをご提案して、
日を改めて、おひとりずつカウンセリングルームに来ていただく。
 
そして、相手のいないところで、
いわゆるぶっちゃけトークをしていただくのだ。
 
夫婦が生活していく上で、まったくウソがない、秘密のないご夫婦が
世の中にどれほどいるだろう。
 
ウソというのは、したことをしていないと言ったりするウソばかりではない。
本心を隠して、フリをするとか、言い回しを変えるというようなことも
ウソと言えばウソになる。
 
そうしたウソは実は必要なのではないかとも思うし、
上手にウソをついてこそ、円滑に夫婦関係が保たれるとも言えるだろう。
 
結構、潔癖すぎる心理は
元他人と一つ屋根の下で暮らすとき、
事を荒立てしまうのだ。
 
人間という感情の動物が、人間関係をうまく営むのは本当に難しいことと
日々感じるが、
その中でも夫婦関係が近くて、重たい関係だからこそ、
一番難しいのではないかと思う今日この頃である。
 
私自身、夫婦関係は難しいと、日々、試行錯誤しているわけだが、
「自分をカウンセリングルームという安心な小部屋でさらけ出してみる」、
すると自分の本心にひょっこり出会えるかもしれない。
 
悩みのド壺にはまったなと感じたら、
カウンセリングルームで吐き出すというのはオススメの一手です。

2016年5月9日月曜日

初めての禅体験

このゴールデンウィークに生まれて初めて禅の1日体験というものをしました。
単に一度経験してみたかったというミーハーな理由でしたが、
なかなか不思議なことが起こり、
意義深いものになりました。
 
場所は鶴見にある大本山総持寺という、永平寺と並ぶ曹洞宗の大きなお寺です。
 
朝9時半に集合して、10時から、まずは写経。
昼食は老師様と一緒に禅の作法に則って精進料理。
午後は老師様の法話と禅堂に籠もっての座禅。
最後は修行僧に案内してもらって、諸堂拝観。
 
こうしたメニューをこなして、夕方4時まで、禅の修行体験を通して自分と向き合います。
 
写経は初めての体験でしたが、
最初は1字書く度に墨をつけ直さないとうまく書けませんし、
第一、筆が安定しないので、ヨロヨロして思うような筆運びで文字が書けないのです。
 
50名の参加者が、あちこちで半紙に透けている下敷きのお手本をめくる音や、
ま後ろの人の咳き込む音が気になり、
なかなか集中できずにいたのですが、
5~6行書いた頃でしょうか、ようやく筆の止めと払いの抑揚が安定し、
いつのまにか肩の力が抜けていることに気づきました。
 
うまく書きたい、間違わずに書きたいという気持ちが先立って
つい体に力が入っていたんですね。
 
お昼の精進料理は、思いの外、豪華で、味付けもだしを利かせた美味しいものでした。
老師様に食べものという命をいただく意味など教えていただきながら、
作法通り、1滴のおつゆさえ残さずいただきました。
 
午後は老師様の法話で禅の考え方についてお話を伺い、
その後はいよいよ禅堂に移動して座禅です。
 
高さ80㎝ぐらいの畳の敷かれた台に上り、
クッションのような丸い座布団をお尻の下に敷いて座禅を組むだけでも、
触れてはいけない板場があったり、足や手の組み方があり大変です。
 
薄暗いお堂の中には大きな文殊様が奉られており、空気は凛と静かに張っています。
座禅が開始されると、更に堂内は暗くなり、
半眼に目を伏せているので、目の前は霞んでしか見えていません。
 
組んだ足の痛みが気になって、これがどのぐらい続くのか、
自分はちゃんと耐えられるのか、心配がよぎります。
 
しかし、しばらくすると、その場に50人もの人が座禅を組んでいて、
修行僧が後ろを見回っているという気配が全く感じられないほど、
心が落ち着き、体も微動だにせず座っている自分に気づきました。
 
座禅を始めて1時間近く経った頃でしょうか、
ふいに昨年暮れに亡くなった友人とおぼしき気配がして、
「私は今度はメキシコ人に生まれるつもりなの。
今は誰のところに生まれようかと両親を捜しているところ。
今回は男性よ」と言うではありませんか。
 
その友人は67才という若さでしたし、
「自分の人生がこんな風になるなんて思っていなかった」と私に言って、
脳腫瘍で何度も手術したり
抗がん剤の副作用で苦しんだことを嘆いていたので、
この世に悔いを残していたのではと案じていたのです。
 
けれど、その声はどこか晴れ晴れとして、もはや、転生の準備に入っていると知って
私はすごくホッとしたのです。
 
単に一度体験したかったというミーハーな私でしたが、
この日、座禅をした意味がわかったような気がしました。
 
昨年末、友人の死を1枚のハガキで報されて以来のもやもやした気持ちが、
すっと晴れていくのを感じました。
 
人は誰しも死に向かって生きています。
 
どんな人にも必ず訪れるのが『死』というものですが、
友人が自分の死を受け入れたことを、魂のメッセージとして受け取り、
私は穏やかな気持ちで座禅を解くことが出来たのです。
 
 


2016年4月18日月曜日

家族との距離

 
人間関係、とりわけ、家族それぞれとの関係を良好に保つのは難しいですよね。
 
例えば、夫と子ども2人という平均的な家族を営んでいるとして、
自分と夫
自分と長男もしくは長女
自分と次男もしくは次女
 
先ず、自分と夫は元はといえば赤の他人。
それがご縁があって夫婦という関係になり、
やがて子どもが生まれるとお父さんとお母さんという別の役割を受け持つ。
 
最初の赤の他人の時の人間関係から
相当、年月と共に変遷を経ることで、お互いの距離もずいぶん変わります。
 
一方、子どもは特に女性は自分の体から出てきたせいか、
時に一心同体のように近い距離で接しているお母さんをよくみます。
 
もちろん、我が子は可愛いですし、大切ですし、心配ですし・・・と
夫との間では考えられないぐらい濃密な感情を抱きがちですが、
あんがい、そこに起因する悩みを抱えることにもなります。
 
つまり、あまりに我が身のように可愛がったり、
我が事のように心配することから、
距離を保てなくなって、相手をつぶしてしまいかねないという状況になるのです。
 
我が子は我が身から産まれても
お母さんの所有物ではありません。
 
一個の別の人格として、生まれ落ちた瞬間から生きているのです。
 
親としての義務と責任は
その子が自立出来る日まで、側で支えたり、援助したりすることで、
距離を誤った、度を越えた愛情は愛情ではないかもしれません。
 
自分、夫、最初の子ども、2番目の子ども。
 
それぞれ個として生きているけど、
家族として支え合い、求め合い、
ひとつ屋根の下に住まいしているのです。
 
それぞれの距離を上手にバランスよくとりながら、
子どもがやがて巣立つ日まで、
時に手を貸しながら、基本、見守る
それが、お母さんになった女性が心がけることではないでしょうか。


2016年4月11日月曜日

涙の意味

 
カウンセリングルームを訪ねてくださった方の2人か3人にひとりは
セッション中に泣き出してしまう。
 
「ここでお話になったことは決して外に漏れることはありませんので、
安心して何でもお話になってみてください」と前振りして、
どんなお話が聞けるか待っているのだが、
言葉の前に涙がほおをつたってしまう。
 
その涙は
ここで何を話してもいいんだという安堵の涙かもしれないし、
話そうとしていることを思い出して悲しみがこみ上げてきているのかもしれない。
または、うまく言葉にできないもどかしさが涙になって
つたっているのかもしれない。
 
いずれにせよ、胸に溜めていた何かが堰を切って、
涙としてこぼれ落ちているのだろう。
 
人はいろいろな思いを抱く感情の動物だ。
 
その感情の喜怒哀楽を表に出して表現できていれば、
それが喜怒哀楽のいずれであっても、気持ちは案外晴れ晴れしているものである。
 
しかし、それを堰き止めて、心に押し込めておかなければならない事情があると、
途端に苦しくなる。
 
ストレスが溜まるとストレス解消のために
美味しいものを食べたり、お酒を飲んだり、
ショッピングをしたりと
人はそれぞれ自分らしい方法でストレス発散を計る。
 
それが上手に出来ている間は
心は何とかバランスを保とうと頑張れる。
 
涙を流すこともひとつのストレス発散法だから、
言葉にうまくできない何かを涙が外に押し出してくれているとも言えるし、
やけ食いみたいに何かを体に取り込む代わりに
涙や叫び声などで、自分の感情を外に追い出しさっぱりするという
効用もある。
 
いずれにせよ、
初めてあったカウンセラーの前で涙を見せるというのは
恥ずかしいと思うかもしれないが、
そんなこと全然気にしなくていい。
 
人間、貯めていいのは貯金と楽しい思い出だけ。
 
辛いことも、悲しいことも、怒りも、悔しさも、不条理も、
溜めると体の中で有毒ガスを出す。
 
ここでは涙は流していいものと割り切って、涙してみると、
不思議に気分は少し晴れてくるし、
のど元に詰まっていた言葉も口から外に出てくれる。
 
ひとりで考え、悩み、溜めていると
体に毒よ。
 
そう涙があなたに教えてくれているのだ。
 
そして、あなたの涙は物言わぬメッセンジャーだけど、
とても多くのものを物語り、
目の前の私にも語りかけている。